大切な人を失うということ【縁心サービス】

4月1日にやわらぎ斎場月寒様にて祖母を送り出しました。
今まで1000人以上の最後を見届けてきましたが、自分の身内となると全くの別物です。
人が亡くなることで、そこに集まることを【仏縁】といいます。
小さなころからばあちゃん子だった自分も遺影の写真に思い出を重ねながら、故人を偲びました。
葬儀が終わり、その後の手続き、個人の生きた証の手続きも行わなけれなりません。
今回の葬儀では全ての窓口になり、葬儀後の手続きも委任されていて、遺品整理も行います。
小さなころから遊んでいた物が時が止まったようにそのままであったり、そこにいた故人の姿を
照らし合わせたりと、辛い思いであります。
気持ちの整理、次に進むためのその一歩を手助けするためにも遺品整理は必要です。

札幌の遺品整理・生前整理・特殊清掃は【縁心サービス】へ

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

最近の投稿