クリーニングで急増の【レンジフード清掃】~札幌 遺品整理 縁心サービス

こんにちは!今日はハウスクリーニングにて人気の【レンジフード】の清掃について書かせて頂きます。

当社では遺品整理と同様にハウスクリーニング(空室・居室)の他に一か所からの清掃を行っております。

当社のクリーニングのお客様は女性が多いのですが、その中でも1番気になり、尚且つ掃除が自分で出来ないのが【キッチン】ではいでしょうか。

レンジフードの清掃はとても需要が多いです。

換気扇には【プロペラ】タイプと【シロッコファン】タイプがあります。

最近のご家庭では【シロッコファン】タイプが多いです。

フィルターの清掃も自分では中々出来なく、汚れも落ちずらいのが特徴です。

洗剤でもアルカリ性洗剤・中性洗剤・酸性洗剤・・・何を使えばいいの??と疑問に思いすよね。

ここで一つの作業例になりますが、長年フィルター清掃を行っていなかったフィルターです。

料理をしていると油が落ちてくることがあり、清掃をお願いしたとのお客様からのご依頼でした。

某大手のD社様の場合は9年経過しているレンジフードには対応していないとの事で、当社にご依頼がありました。

フィルターも色々な種類があります。素材にも注意が必要です。

皆様に注意して頂きたいのが【アルミ製にアルカリ洗剤を使用する】という事です。

ネット等で話題になった【オキシクリーン】【セスキ炭酸ソーダ水】等もアルカリ性になります。

強いアルカリ性は洗浄力が抜群の為、漬ける事で一発で洗浄できます。ですが、塗装しているものに使用、アルミに使用すると、塗装が剥げたり、アルカリ焼けを起こす結果になります。

これは考え方の問題であると思います。

見えない部分だから、多少変色してもいいから綺麗にして、という方は多いです。

①中性洗剤を使用して洗浄を行うが、汚れが落ちずらい

②アルカリ洗剤使用し、汚れを全て落としきる。

アルカリ焼けをおこしても何年も使用は出来ますし、買い替えとなれば1万円以下で購入は出来ます。

今回のケースではアルミ製ではありませんでしたので、漬け込み方法で洗浄させて頂きました。

 

漬け込みを行っただけでここまで油汚れが落ちました。

ここからは網の細かな汚れを落とす作業になります。

このブログの画像に設定したのはシロッコファンの漬け込み清掃になります。

シロッコファンは羽の掃除が大変で尚且つ、油が取れないのがやっかいです。

シロッコファンが油で外れない!というかたもいますが、油が接着剤になり外れない事もある場合のご家庭での対処法は【ドライヤー】で熱を与え油を浮かす。これが良いです。

それでも外れない場合は当社ですと【スチーマー】で高温にし外します。

当社ではこの様に遺品整理・家財整理以外にも清掃業務も行っておりますので、1か所からのご依頼も承っております。

遺品整理+ハウスクリーニング
ゴミ屋敷清掃+ハウスクリーニング

この組み合わせは間違いなく札幌1番【格安】な自信があります。

当社では外注は一切なく自社スタッフで作業を行っています。

お気軽にお問合せ下さい。

札幌の遺品整理は縁心サービスへ

縁心サービス

斉藤 竜一

 

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

最近の投稿